劇団ドラマティックゆうや 第二回公演

『明日の人』

 

[作・演出]泉田岳 [主演]田中佑弥

 

■日程
2018年6月8日(金)〜10日(日)

■会場
APOCシアター
東京都世田谷区桜丘5-47-4
TEL:03-6321-7690
小田急線千歳船橋駅 徒歩1分

■タイムテーブル
6月8日(金)19:30
6月9日(土)13:00/18:00
6月10日(日)13:00/18:00
※開場は開演の30分前

■チケット料金
前売3,000円
当日3,500円
全席自由
※前売り特典:ドラマティックゆうやステッカープレゼント

■チケット予約
劇団ドラマティックゆうやチケット予約フォーム
チケットのご予約はこちらから


■スタッフ

[アートディレクター]一ノ瀬雄太
[構成]福田哲丸
[音響]鈴木歩積
[照明協力]富山貴之
[宣伝写真]田川優太郎
[宣伝美術]守田篤史
[プロデューサー]浅田義啓

■協力
cekai/中野成樹+フランケンズ/レトル/亜劇

■制作
劇団ドラマティックゆうや


2016年9月、第一回公演の「魂の行方」を大成功させたドラマティックゆうやはすぐさま「のろまな豚になりたくねえ」と息を巻いて公式Facebookページと公式Twitterアカウントを開設。フォロワーには旧友である福田哲丸(フォロワー数5180)と一ノ瀬雄太(フォロワー数6201)という非常に高いTwitterアベレージを持つ者たちが集まり、情報発信に特化したドラマティックゆうやだったが、、2018年5月現在で公式Twitterアカウントのフォロワー数は73である。
「…」しばしの沈黙の後、ドラマたけしは「今時、メンヘラ女でももっとフォロワーいるわい…」とジジイのスカしっ屁のような弱さの声を絞り出した。そうなのだ。いくらレギュラーメンバー(フォロワー)が良くても監督がジーコだったらダメなのだ。2006年に気づいておくべきであった。恥ずかしい、ただただ恥ずかしい。小劇団という沼にどっぷり浸かり、誰も欲しない演劇漬物になっているドラマゆうやはあっけらかんと「ま、これからっしょ」と言う。これだから成功体験のない役者とは付き合いたくない。嫌だ。私は嫌だ。理性が働き普通の道徳心がある一般のサラリーマンの私でさえミニチュアダックスを飼っている女と同じくらい自己顕示欲はあるんじゃい!だからこの度、皆様のフォロワーのひと枠だけでもドラマティックゆうやにいただけないでしょうか?無茶な事は言ってない!「ペットのインコが逃げました!」的な電柱の張り紙よりかはワンクリックで売れない役者と映像作家が助かるのですからっ!それでは、劇団ドラマティックゆうや第二回公演「ジュマンジ」始まります!